【バリ島子連れ旅行】ホテル朝食&ランチ

ザ アンヴァヤ ビーチ リゾート バリ

オーシャンビューのレストランでモーニングビュッフェ

ビーチフロントにある【SANDS RESTAURANT & WINE CELLAR】でモーニング。
窓が解放されてて、潮風を受け目の前の青い海を眺めながら優雅に朝食を頂けます。
豊富な品数のインターナショナル料理が並び、見ているだけでお腹いっぱいになるし、
あれもこれも気になって選ぶの迷う(笑)


サラダバー。空のガラスボウルに好きな野菜を入れてドレッシングで和えてお皿に盛りつけます。


シリアルバー


ブレッドステーションには、焼きたてのパンケーキ&ワッフルもあります。
トースターが置いてないので、焼きたい方はスタッフに頼むとパン窯で焼いてくれますよ。

ハム&チーズ

飲茶各種。


フォーなどの麺類のオーダーも出来ます。トッピングやソースはお好みでチョイス。


エッグステーションではお好みの卵料理をオーダー出来ます。


インドネシアフード


3種類のお粥。おぐこは海鮮粥がお気に入り。


ケバブやインド料理もありました。


ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、ハッシュポテト、キドニービーンズなど

肉、魚料理

これ、何料理だろ?食べ損ねた。。。

寿司バーとお味噌汁。子連れには和食があると嬉しい。

ドリンクバー。他にテーブルオーダーでコーヒー&紅茶、カフェラテなどお好きな飲み物をオーダー出来ます。


スムージーバーでは、お好きな野菜とフルーツを選んでその場で生絞りジュースを作ってくれます。
毎朝、人参リンゴジュースを飲みました。


南国フルーツ。手前左の茶色いサラックは未だに苦手で食べれない。美味しいサラックを一度でも良いから食べてみたい(笑)

デザートはバリの伝統菓子。
インドネシアの手土産の定番パイスス(エッグタルト)レンジでチンして食べてもそのままでも美味しい。

ジェラートコーナーには野菜とフルーツのヘルシージェラートが!!


ヨーグルト各種。
朝から食べきれない豊富なラインナップでした。

ホテル内の【KUNYIT RESTAURANT】でランチビュッフェ

ランチはホテル内のもう一つのレストラン【KUNYIT RESTAURANT】でランチビュッフェを頂きました。

バリ料理とインドネシア料理の老舗ということで、
アヤムベトゥトゥ(鶏肉とスパイスをバナナの葉で包んで料理したもので、ジューシーで柔らかいお肉が何とも言えない美味しさ)


ガドガド(温野菜に(ブンブガドガド)と呼ばれる甘辛いピーナッツ・ソースをかけた温野菜サラダ)石のプレートで野菜とソースを和えます。

バクソスープ(ツミレみたいな肉団子が入ったスープでこれもインドネシアの定番。辛味は無く淡白なスープ)


ナシチャンプルー(ご飯を盛った皿にお好みで選択したおかずを乗せる形式の食事)などの地元郷土料理が並びます。


サラダバー

私はインドネシア料理に飽きているので、このフェタチーズのサラダばかり食べてました。
ここのサラダめっちゃ美味しいです。


フルーツに


デザート。


エスチャンプル(様々な季節の果物、ココナツ、タピオカ、色とりどりのゼリーをトッピングし、シロップ、練乳などをかけたインドネシアのスイーツ、インドネシアのデザート)もありました。
ランチもどれもとっても美味しくて大満足♡
さて午後からは無料半日ツアーに出かけます。

バリ島無料半日ツアー GWKカルチュラルパークに行って来ました。

14:00にホテル駐車場に集合してバスに乗りGWKに向かいます。

【GWK カルチュラルパーク】は ケチャやバロンダンスなどの舞踊ショーを鑑賞できたり、バリ雑貨や、インドネシア料理のレストランやカフェなどが並び、バリの伝統文化を丸ごと堪能できるカルチャーテーマパークです。

まず見えてきたのがこちらの巨大なガルーダの頭部。インドネシアの国章でもあり、ガルーダ・インドネシア航空の名称はここから名付けられています。

【GWKカルチュラルパーク】は夕陽の名所・ジンバランからほど近い丘にあります。


「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像」は、28年にわたって建築計画が進められ2018年夏に完成しました。

今ではバリ島観光の新しいシンボルとして沢山の観光客で賑わっております。

しばらく歩いていくと、バリ島のシンボルが見えてきました。

この「Plaza Garuda(ガルーダ広場)」はイベントやコンサートが開かれる会場だそう。

ここを通り抜け、「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像」へと続く道を進みます。

近づくと、圧巻の大きさ「ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像」が!
ウィシュヌ神が、翼を広げた神鳥ガルーダに乗る姿が表現されています。 

みんな写真撮りまくりです(笑)

世界の巨大銅像の中で現在3位だって!!

今後は像の中央付近に展望スペースがオープンする予定だそうで、今から楽しみです。

その後移動して長い石段を登ると、「Plaza Wiznu(ウィスヌ広場)」と名付けられたエリアに到着します。

ちぎれた腕は他のエリアにあります(笑)

こちらの【ウィスヌ像】は水を司るヒンドゥー教の神様。
上半身像で、高さ約20mあります。

像のすぐ隣には、聖水が湧き出るパワースポット「スマカ・ギリ寺院」があります。観光客もスンバヤ(お祈り体験)も出来ますよ。

ここは神聖な場所なので、肌の露出が多い服装はNG。
入口でスレンダンと呼ばれる布を無料で借りれるので、腰に巻きつけましょう。

子供達も初めてくる観光スポットに大興奮してました。
通常入場料は大人Rp.125,000、子供Rp.100,000(いずれもツーリスト料金)。

パワースポットで有名な【ウルワツ寺院】でサンセットタイム

その後、ウルワツ寺院へ向かいます。通常は入場料Rp20.000を払います。

入口でスレンダンを無料レンタルして腰に巻いて入ります。
神聖な場所なので、肌の露出を控えるのと生理中の方はご遠慮下さい。

なんと私、バリ島在住7年目にして初参戦!!寺院とか観光に興味なかったからね。

でも行ってみると楽しいもんだ。食わず嫌いは止めて何でもトライしようと思った今回の旅。

なんてったってこの素晴らしい景色。

ウルワツ寺院はサンセットタイムに来ないとね。

ここがパワースポットと呼ばれる意味が分かるよ。
このエネルギーは訪れた人じゃなきゃ感じられない。

エネルギーが停滞気味の人はウルワツ寺院をぜひ訪れてみて。

こちらの記事→バリ島で癒される理由もぜひ読んで下さいね。

ウルワツ寺院で注意するのは、この野生の猿たち。
子供がお菓子を持ってると盗られちゃいます(笑)
大人もサングラスを頭にかけてた人が猿に持ってかれてました。

いたずらっ子なだけで、襲って来たりはしないので安心してね。

ウルワツと言えば、ケチャダンスも必見ですよ!!

 

ディナーはみんなで【老太(ラオタ)】に行きました。
バリ島で有名なお粥屋さんです。
ここのお粥は是非食べて頂きたい。

話に夢中で、写真撮り忘れちゃったから、
以前ラオタに行った時の記事も見てください→与えれば、与えられる

2日目も盛沢山な内容でラオタ以外全て無料なんて、やっぱりバカンスが仕事って最高!!と思ったし、大大大満足の1日にでした。



3日目に続く…

 

 

■お知らせ

いつも沢山のお問合せありがとうございます。

お問い合わせ頂きましたら24時間以内に返信しております。
返信が届かない場合は、迷惑メールに入っている
可能性がありますのでご確認下さい。

講座や宿泊のお問合せはこちらまで

海外移住や働き方革命について
私に相談したい方は

ライン@にご登録下さい。

Add Friend

人生を何十倍も豊かで幸せに楽しく生きる秘密を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました